新着情報

◆2016/09/26
記念品に商品券が増えていますの情報を更新しました。
◆2016/04/28
どの商品券を記念品として贈るかの情報を更新しました。
◆2016/04/28
商品券がオススメされる理由の情報を更新しました。
◆2016/04/26
企業概要を新規投稿しました。
◆2016/04/26
記念品としての商品券は失礼にはならないの情報を更新しました。

記念品に商品券が増えています

近年は退職祝いの記念品として、商品券が人気とあっている傾向があります。
やはり、どういった物を選べばいいのか分からないケースも多いでしょうから、無難に商品券を選ぶという人が増えているのです。

やっぱり喜んでもらえる物を贈りたい

ytdy
縁起の悪い物やあまりに常識外れな物でもない限りは、どういった記念品であっても退職をする人は快く受け取ってくれるかもしれません。
ただ、やはり自分があまり必要としていない物、すでにいくつも持っている物は、内心ではあまり欲しいとは思っていないわけです。
それを考えれば、やっぱり純粋に喜んでもらえる物を贈りたいと思うのが、祝う側の本心だと思います。
しかし、それが分からないというケースも多いでしょうし、たとえ趣味にマッチする物でも本人が欲しいと思っているとは限らないわけです。
そういったことを考えれば、少なくとももらって困ることは一切ない、商品券という選択肢が上がるわけです。
それで自分の好きな物を買ってもらったり、あるいは家族のために使うこともできるわけですし、商品券ならいろんな使い道があるわけです。

商品券を贈っても失礼にはならないのか?

最も気になるポイントとして、退職祝いの記念品で商品券を贈っても、果たして失礼にはならないのでしょうか?
少なくとも現金の場合は、失礼となってしまうので控えるべきではありますが、商品券に関してはそこまで失礼になってしまうわけではありません。
中には、「目の上の人には商品券は控えるべき」という意見もあるかもしれませんが、大半の人はもらえれば嬉しい物ですし、不快な気持ちになることもまずないわけです。
そもそも、記念品の選び方に明確な正解があるわけでもないので、そこまで過度に気にする必要もないのです。

どういった商品券を選ぶかについて

ytjyt
商品券にもいろんな種類があるわけですが、例えば退職後にのんびり旅行に行ってもらおうと、旅行券を選ぶケースも多いです。
ただ、定年退職の場合ならいいのですが、転職を理由した退職の場合は、旅行券はあまり望ましくないと言えます。
また、ビール券などもお酒をあまり飲まない人には適さないですし、その人のタイプに応じて商品券を選ぶことも重要でしょう。

どれぐらいの金額が相場なのか

商品券の相場に関しては、個人の場合は5千円から1万円、共同の場合は3万円から5万円ぐらいが相場となっています。
もちろん、その人にどれぐらいお世話になったのか、どれぐらい親密な関係なのかによっても、金額は変わってくると思います。
あまりに低い金額もあれですが、逆に高すぎてもでも相手側の気が引けるでしょうから、相場の範囲内に収めるのが無難だと言えます。

どういった方法で購入するか

商品券の購入方法に関しては、もちろん正規の販売店で購入するという選択肢もあります。
ただ、最近ではインターネットでも商品券を簡単に購入することができますし、のし紙を選ぶこともできますから、時間がない場合はこちらを利用してもいいでしょう。

まずは商品券について調べてみる

いずれにしても、商品券の種類もたくさんありますし、どういった用途で利用できるのかも違ってくるので、まずは商品券について調べてみるようにしましょう。
その際には、記念品として贈る際のマナーであったり、注意すべきポイントなども併せて確認しておくといいでしょう。
もし分からないことがあれば、商品券を発行している会社に問い合わせてみることもできるので、疑問点があれば聞いてみるようにしましょう。